渡辺謙が舞台挨拶で号泣

渡辺謙が舞台挨拶で号泣しました。
撮影がなかなか大変だったようで、感無量も一塩といったところだったんでしょうね。
しかし、ハリウッド俳優も泣くくらい厳しい現場だったんですね。

冬 みかん

映画化は不可能といわれていた作家・山崎豊子の長編小説を原作にした映画『沈まぬ太陽』が24日、公開初日を迎え、都内で主演の俳優・渡辺謙はじめ作品ゲストによる舞台あいさつが行われた。この日、渡辺は観客と一緒に同作の完成版を鑑賞。その直後に目を赤く腫らしながら舞台に立ち「自分の映画に対して感動して泣いているのではないのです。ここまでくるのにどれだけ、どれだけみんなが辛い思いをしてこの映画を作ってきたかを思うと、ちょっとだけご理解いただければと思います」と男泣きに言葉を詰まらせた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000031-oric-ent
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。