大塚ちひろの左斜め45度からのバストの形


大塚ちひろちゃん、ブレイク寸前ですね。





以下、(大塚ちひろ、左斜め45度からのバストの形に注目!?(@ぴあ) より引用)





大塚ちひろ、左斜め45度からのバストの形に注目!?(@ぴあ)




ロマン・ポランスキー監督映画『吸血鬼』をもとに、「エリザベート」の脚本家ミヒャエル・クンツェの手によって生まれたミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」。2006年の日本初演時の千秋楽には当日券を求め1200名が並んだという伝説を作った作品が、いよいよ博多座に初登場。6月30日、福岡市内にて製作発表が行われ、出演者が初の博多座公演に向けて意気込みを語った。




「ダンス・オブ・ヴァンパイア」博多座公演製作発表 その他の画像




演出の山田和也は「博多座はとても舞台を造りやすい劇場。臨場感があって客席から観やすいし、音響も素晴らしい! 博多座での上演を自分自身も非常に楽しみにしている。東京での初演はかなり盛り上がった。とても“中毒化するミュージカル”なのでは」と、初の博多座公演を楽しみにしている様子だった。




可愛いので、当然といえば当然ですが^^









また、初演に続いての出演となるサラ役の大塚ちひろは「初演に引き続き出演させて頂くのは本当に嬉しい。肝となるお風呂シーンがまだまだ……(笑)なので、もっと色気を出せたら」と再演への抱負を熱く語った。対して、今回が初参加となるのがもうひとりのサラ役・知念里奈とアブロンシウス教授を演じる石川禅。「3年前の初演は残念ながら観ることができなかったけど、今回通し稽古を拝見してその素晴らしさに日々感動中。良い舞台を創っていけるように頑張りたい」と知念が作品の魅力を熱く語れば、「初演では尊敬する市村正親さんが演じられていた役。この役を受け継いでくれと言われたときには足が震えた。おそらく市村さんは『俺は俺にしかできないアブロンシウスを演った。お前もお前にしかできないアブロンシウスを演れ』とおっしゃってくださるはず。もうやるだけです!」と石川は初参加の意気込みを語った。




そして、主役・クロロック伯爵を演じるのは、初演に引き続き山口祐一郎。「最近、暗いニュースが多いけど、これを観てちょっとでも元気になっていただければ」とパワーを強調。そして、ふたりのサラの魅力について「一糸まとわぬ姿で舞台に現れます。ちひろさんの魅力は、左斜め45度からのバストの形(笑)。そして知念さんの魅力は、上から60度の角度から観る正面の形。これは僕にとっての黄金比です(爆笑)」と笑いを取りつつ、作品の魅力もアピール。このシーンでの山口の目線にも注目!?





引用はここまでです。





大塚ちひろちゃんのバストだけでなく、演技にも注目しましょうね^^





長谷川京子/高岡早紀/石田えり/大塚寧々/大塚ちひろ/female[フィーメイル


長谷川京子/高岡早紀/石田えり/大塚寧々/大塚ちひろ/female[フィーメイル


ジャンル:邦画アーティストカナ:ハセガワ キヨウコ/タカオカ サキ/イアーティスト:長谷川京子/高岡早紀/石田えり/大塚寧々/大塚ちひろ商品名:female[フィーメイル]品種:DVD発売日:2005/12/22 品番:HSB-34内容:〈桃〉監督:篠原哲雄 原作:姫野カオルコ 出演:長谷川京子/池内博之/野村恵里〈太陽の見える場所まで〉監督:廣木隆一 原作:室井佑月 出演:大塚ちひろ/石井苗子/片桐はいり〈夜の舌先〉監督:松尾スズキ 原作:唯川恵 高岡早紀/近藤公園〈女神のかかと〉監督:西川美和 原作:乃南アサ 出演:大塚寧々〈玉虫〉監督:塚本晋也 原作:小池真理子 出演:石田えり/小林薫/・・・アサヒレコードの商品はコチラ


¥5040






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。